桃取牡蠣(桃こまち)の生産

牡蠣いかだ

桃取は、伊勢湾の入り口に浮かぶ答志島の西側にあります。答志島周辺の海は、伊勢湾に流れ込む木曽三川の淡水と黒潮がぶつかり、栄養分に富んでいることから、牡蠣養殖には最高の漁場となっています。そのような環境のもと、「桃こまち」は丹精こめてつくられています。

 

牡蠣の酒蒸し

1.収穫(引き上げ)

カキの種付けをしたホタテ貝を、沖の筏に吊るして育てます。
海に栄養分がたっぷりなので、約1年で食べごろなった牡蠣を収穫します。筏には、三重の特産物であるヒノキを使っています。

牡蠣のベーコンチーズ焼き

2.バラシ・選別

かたまりになっている牡蠣を丁寧にバラして、大きさ別に仕分けをします。
付着物を取り除くため、高圧洗浄をかけます。

牡蠣のバター焼き

3.蓄養

バラした牡蠣をネットに入れ、また1か月ほど海で育てます。

牡蠣がらが再生されるとともに、低密度で育てられるため、身入りがよくなります。

4.滅菌洗浄

蓄養した牡蠣を高圧洗浄した後、殺菌海水で浄化します。
20時間以上、浄化滅菌処理を行うので、生食用の牡蠣も安心してお召し上がりいただけます。

牡蠣の卵巻き

5.出荷準備

むき身用のため、熟練した見事な早業で牡蠣をむいていきます。
ちなみに、むき身にする時間は牡蠣1個につき5秒ほど。

牡蠣のお好み焼き

6.出荷

むき身のみ、殻付きのみ、むき身と殻付きのセットに分けて出荷します。

このページのTOPへ

取り扱い商品

三重の牡蠣安心協議会

電話・FAX fax注文用紙

かねまん水産桃取牡蠣ブログ